五頭フィッシングパーク・攻略

五頭フィッシングパーク

放流傾向

 レギュラーサイズは25~30cm前後。それなりに50cmアップも混じって来るのでそのあたりを意識したセッティングが望ましい。特に11月のダービー月間は70cm級に対応できるタックルが望ましい。

放流直後

 放流後の魚の溜まりは基本的にはイーブンと考えてよい。直前放流ではなく一晩休ませてからスタートとなる事が多く、前日夜の気象状況で偏りが生じる。特に風向きはチェックしておき風下側に入るのが無難。基本的に放流直後は、いわゆる放直カラー(派手めな色)のスプーンから入るのがセオリー。重さは2g~3gサイズ。

セカンド

 沖が広い釣り場なのでロングキャストで放直カラーで強気に押すこともできる。クランクなどもためしても良い。

トップ

午前10時頃から池全体でトップでの反応が良くなる。魚は特に上から落ちてくる物への意識が高いので、ポッパーは五頭では必須アイテム。特に水しぶきが出るタイプのポッパーは時としてナブラが立つくらい活性が高まる事がある。

フック

釣れてくる魚の魚体差が大きい釣り場なので大きい魚を掛けた後はフックが伸ばされる事もあるのでチェックを心掛ける。#6を中心に、その日の魚を見て上下。

強いポジション

比較的差は少ない釣り場だが事務所前が総合的に見てやや強い。次点で四隅。